ヘッダ・メニュー
新刊レポート | 定期発行物 | 既刊レポート | Home | English
月間コラム | | | 受託実績 | 特定商取引に関する法律に基づく表示
スペース
コラム
 ■映像配信に投げつけられた爆弾〜YouTubeの衝撃■ 【2006年3月】

スペース
スペース 「Web2.0」時代の代表あるいは象徴的存在として、ブログやSNSなどがネット分野の話題を集めている昨今だが、それらに勝るとも劣らぬほどユーザーや関係者の注目を浴びているのが、動画共有サイトYouTubeである。同サイトは05年2月に設立されたばかりの米国ベンチャー企業YouTubeによって提供されているが、日本国内においてもここ約半年の間に急速に認知され、訪問ユーザーがうなぎ上りに増加しているのである。それを証明する事実として、ネットレイティングスが最近まとめたインターネット利用動向調査によれば、YouTubeには日本から212万人のユーザーが訪問し、そのリーチ率は5.2%となっている。米国における同期のリーチ率は5.4%であり、日本語版も無く英語だけで提供されているwebサイトの利用率としては極めて異例とのこと。更にひとり当たりの平均利用時間は33分37秒と米国の24分03秒を大きく上回っており、同サイトの国内ユーザーへの浸透、定着は想像以上に進んでいると見てよい。

 ではこのYouTubeがここまで注目される理由は一体何なのか。サイトを概観しての筆者の感想で言うと、その最大の理由は「ちょっと見」ニーズにぴったり合致しているという点にあると考える。例えば昔見たお笑い番組の1コーナーや、アニメ番組の1シーンなどがふんだんにアップロードされており、気軽に楽しむことが出来るのである。映画を始めとした各種映像配信サービスが様々提供されるようになったとはいえ、やはり長時間の映像を楽しむハードとしてはテレビが主役であり、PCで映画のような長時間にわたるコンテンツを見るという文化はまだまだ根付いているとは言い難い。短時間で様々なジャンルの映像コンテンツを楽しめるという同サイトのコンセプトは、PCユーザーの「ちょっと見」ニーズを充足させるものだと言えよう。

 また、同サイトは単に動画がアップされているだけでなく、動画に対するコメントが付けられたり、「Related Tag」をクリックすると関連するカテゴリの動画に飛べたりと、簡易なSNS、ブログ的要素も持っており、同サイトが「新たなWeb2.0サービスの出現」として捉えられている所以でもある。

 ただ、もちろん同サイトには大きな問題がある。アップロードされている動画の著作権に関してはかなりグレーなものが多い、というより全く考慮せずに投稿されているコンテンツがかなり多く存在しているということだ。例えば日本発のコンテンツで言うと、前の週に放送されたお笑い番組が、翌週にはもうアップされていたりする例が見受けられる。この様な著作権を全く無視したコンテンツの投稿に関しては米国でもかなり問題視されており、実際06年2月にはテレビ番組の無断掲載でNBCから厳重な抗議を受け、それに伴い4月からはアップロードを許可する動画の長さを最大10分までに制限する予定など、自主的規制に踏み切らざるを得ない状況にもなっている。

 国内では、公式なサービスとして、著作権処理を施された動画コンテンツを提供しているUSENのGyaOでさえ、大手キャリアから「ただ乗り」批判を浴びている状況である。YouTubeは今のところ全く無料で提供されているが、ユーザー数拡大と共に広告モデルの採用といったビジネスモデルへの発展や、日本語版サイトがつくられるような状況になれば、VODを提供しているISP他の事業者から非難の槍玉に挙げられることは必至である。YouTubeが映像配信ビジネスの中でどう生き残っていくのか、あるいはかつてのNapstarやここ最近のWinny騒動のように、著作権保護という枠組みの中で排除されていく運命をたどるのか、大いに注目したい。

スペース
スペース

バックナンバー(2007)
1月

バックナンバー(2006)
5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月

バックナンバー(2005)
5月 / 4月 / 3月 / 2月

バックナンバー(2004)
12月

バックナンバー(2002)
6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月

バックナンバー(2002)
10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月
PR
スペース
スペース ■CD-ROM発売 !!■
 ご要望の多かったレポートのデータ CD-ROM発売を開始いたします。 貴社内での報告書作成時、より効率的 な有効レポートとして簡単にご利用頂 けるものです。 もちろん、従来通り書籍としてのご提供も継続して行います。

■Web会員募集 !!■
 様々な会員特典をご用意してお待ち しております。 もちろん無料でご利用頂けます。
スペース
スペース

スペース
仕切線
Copyrights; 2016 ADVANCED MANAGEMENT,INC. All rights reserved