ヘッダ・メニュー
新刊レポート | 定期発行物 | 既刊レポート | Home | English
月間コラム | | | 受託実績 | 特定商取引に関する法律に基づく表示
スペース
コラム
 ■アップル携帯電話いよいよ登場■ 【2007年1月】

スペース
スペース  米国時間の07年1月9日、「MacWorld San Francisco 2007」の基調講演において、アップルコンピュータCEOスティーブ・ジョブズにより同社製携帯電話機「iPhone」の発表がなされた。

 アップルの携帯電話市場への参入に関しては、06年早期からアナリスト、アップルウォッチャー等の間で様々な噂や憶測がなされていたが、同11月末にアップルが提出した携帯型コンピュータデバイスに関する特許出願書を米特許商標庁が公開したことで、それらが単なる憶測ではないことを裏付けていた。

 そして衆目の観測通り「マックワールド」での大々的な発表に至ったというわけである。「iPhone」の米国出荷は07年6月を予定している。

 「iPhone」の具体的なスペックについてもいくつか明らかになっており、まず本体は厚さ11.6mmの薄型でデザインはiPodに相似。タッチ式のワイドスクリーンを採用し、200万画素のカメラ、「ホーム」ボタン等を装備している。
 価格は契約期間2年の場合で4Gバイトモデルが499ドル、8Gバイトモデルが599ドルとなる予定。

 主な機能は楽曲再生、電話、テキストメッセージ、電子メール、Webの閲覧等で、Wi-Fi機能も装備し携帯電話ネットワークへは自動で切り替えられる。Mac OS Xをベースとしブラウザには自社の「Safari」を搭載、またグーグルの検索及び地図サービスと連携しGoogle Mapsから直接電話をかけることも可能。
 そして注目の提携オペレーターはAT&T傘下のシンギュラー・ワイヤレス。米国内での電話サービスは同社が独占的に提供する。

 このアップルの携帯電話事業参入は、何を意味するか。
 2つある、というのがわれわれの見方だ。
 まず1つは、基調講演において、「iPhone」と同時に、同社製STB「Apple TV」を発表したことからも明らかなように、これはアップルが本格的にリビングルームに乗り込む意思を示したこと。将来は当然、PC、このSTB、それにiPodやiPhoneとの連携が視野にあろう。

 もう1つは、全世界出荷数約10億台という、巨大な携帯電話市場への進出である。過去5年間で同社は携帯音楽プレーヤーiPodを約7,000万台売ったが、いかにiPodと言えども到底規模的には比較にならないのが携帯電話市場だ。この市場がたとえ一部でも「iPhone」でおさえられるとすれば、収益面から見ても同社ビジネスの中心軸になっていくことは間違いない。

 もちろんわが国の携帯電話端末メーカーにとっても、このニュースは大きな衝撃だ。元々日本は世界でもっともMacファンが多い国だ。同社の直営小売ショップは世界で銀座しかないという事実も、それを裏づける。それほどわが国に信奉者の多いブランドが携帯電話機市場に入ってくることで、国内メーカーのシェア争いが一変する可能性があるし、またKDDIの「LISMO」のように、携帯電話による音楽配信サービスを展開するプレーヤーにとっては、これまでのiPodとの棲み分け関係から、完全に真っ向対立する関係に変わる。

 アップルウォッチャーの予測によれば、「iPhone」の販売台数は07年が600万台、08年には1,200万台とされており、2年間での売上は約54億ドルとなる。日本への上陸時期に関しては現段階では全く不明だが、携帯先進国でありかつアップルファンの多い日本市場を同社が狙わないわけが無く、いずれ国内のオペレーター、メーカーともにこの「iPhone」の脅威に対峙する必要に迫られることになろう。

 いずれにせよ、音声、メールと進化してきたモバイルの世界が次段階として音楽、エンタテインメント画像、更にプライベート動画像コンテンツというWeb2.0の世界に進もうとしているこの時を捉え、強力なブランド力とiPodの恐るべき実績を有する同社が、まだまだ未知の潜在力を秘めるこの分野に進出してきたことは、各方面に波紋を呼ぼう。

スペース
スペース

バックナンバー(2007)
1月

バックナンバー(2006)
5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月

バックナンバー(2005)
5月 / 4月 / 3月 / 2月

バックナンバー(2004)
12月

バックナンバー(2002)
6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月

バックナンバー(2002)
10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月
PR
スペース
スペース ■CD-ROM発売 !!■
 ご要望の多かったレポートのデータ CD-ROM発売を開始いたします。 貴社内での報告書作成時、より効率的 な有効レポートとして簡単にご利用頂 けるものです。 もちろん、従来通り書籍としてのご提供も継続して行います。

■Web会員募集 !!■
 様々な会員特典をご用意してお待ち しております。 もちろん無料でご利用頂けます。
スペース
スペース

スペース
仕切線
Copyrights; 2016 ADVANCED MANAGEMENT,INC. All rights reserved