ヘッダ・メニューメンバー登録CD-ROMレポート購入お問い合せ
新刊レポート | 定期発行物 | 既刊レポート | Home | English
特定商取引に関する法律に基づく表示
スペース
2010年までのIT経済効果
集約される戦略は7つ
変化する競争構造と各企業の強み弱みをどう読むか
書籍版 書籍版
100,000円
CD-ROM版(書籍含む) CD-ROM版
MFR会員  140,000円(書籍含む)
MFR非会員 170,000円(書籍含む)
       
□発刊 2003年10月14日刊
□体裁 A4判230ページ
スペース
スペース □ 背景
 21世紀に足を踏み入れて早くも3年、様々な商品群に対する支持、不支持の傾向から、今世紀の前半に日本の消費者が何を求めているかの姿や方向が次第に見えてきた。例えばカメラ付き携帯、デジタルカメラの爆発的伸長は、携帯電話によって切り拓かれたパーソナルコミュニケーションニーズがプライベート映像コンテンツのニーズにまで進化していることを示唆し、逆に一時盛んに喧伝されたブロードバンドコンテンツの不振は、20世紀に登場、幾多の試練を経てきたエンタテインメントコンテンツの王者である映画のウィンドウ方式やTV放送のビジネスモデルが、消費者ライフスタイルの点からも、簡単には凌駕不可能な程強力であることを示している。ネット上陸後の過去10年、あるいは最近数年間の市場の消長から、デジタル家電と通信への日本の消費者の今後のニーズに関し、我々は何を読みとるべきなのか。

 一方、日本社会のマクロ要因は、今後劇的に変化する。それは近代に入って初の人口減少社会の到来という事態であり、そのことと一見矛盾するようだが、世帯数は逆に増加するという事実である。世帯数の増加は、全年代にわたる未婚・非婚の単身世帯の急増を意味する。また、あと数年で確実にやってくるのが、団塊世代の定年への突入とリタイア生活の始まりである、直前世代に比べ5割増というこの800万人層の量的巨大さは、これまでの彼らの各ライフステージごとの段階の時と同じように、今回もエルダー層のイメージと需要を一変させることは間違いない。社会を構成する基本的要素の変容に関わる今述べてきたことは、商品の受け取り手である消費者が構成する集団単位の企業からのとらえ方に、大きな変更を迫る。見え始めているニーズの姿とマクロ指標の変化をクロスさせると、今後の消費ボリュームゾーンについてどんな仮説とシナリオを立てるべきなのか。

 上記2つの問題を浮き彫りにし、分析した上で初めて、デジタル家電や通信分野における各企業の戦略の実像、意味、狙いと有効性を認識し、評価することができる。本年末から06年に掛けてのデジタル地上波放送の拡大と2011年のアナログ停波、競争本格化により純増が増大し始めたFTTH、NTTによる意欲的なRENAの構築と05年の完成、更には急拡大の兆しのあるIP電話。これらの新環境を所与の前提として展開され始めた各社のデジタル家電・通信の様々な事業は、いつの時期の何を戦略目標とするものなのか。それらの戦略は前記の通信・放送の新環境を背景に、収益構造の変換をどう織り込んでいるのか。また同方向戦略内部と異種戦略間全体に渡る新しい競争構造とその下での各社の競争優位は、どんな視点で見ればよいのか。そのポジショニングマップはどうなると考えられるのか。

 ここまで述べてきたことは、ハードウェアを中心とする「ITの市場」である。しかし全体としてのIT経済効果を考える時には、もう1つ、「ITによる市場」という領域を考える必要がある。本レポート対象の消費者向け分野でのITによる市場とは、BtoCと呼ばれるネットコマースの物・サービス・情報財と、ICカードによる適用分野が対象になる。前者は昨今特に取り立てて話題にされることはないものの、毎年着実に伸長を辿っている。このBtoCで注目されるのは、リタイアして家庭に入る巨大な団塊世代が市場として何をもたらすかという点である。またICカードは交通系と電子マネーが大ブレーク前夜の様子を見せ始めた。これらは相乗りが増えるほど相乗効果を発揮し、現にそうした潮流になりつつある。そしてこのICカード(チップ)での今後の最大注目テーマは、それを使用したモバイル決済である。携帯電話の普及率を考えれば、この現実化による影響度は巨大である。本レポートでは前記デジタル家電ビジネスの「IT市場」に加え、ここで述べた「ITによる市場」を第2部として調査してある。
スペース
スペース

 
pdf ←Web会員の方は、このマークが有る項目のPDFデータをご覧頂けます。
調査内容
―内容(レポート構成)―
第1部 ITの市場
 
I. マクロ統計分析
 
1. 2010年までの人口推移
2. 2010年までの世帯数推移
3. 人口・世帯数変化潮流のポイントと次代を読み解く新世帯像分類−新世帯像6分類pdf
4. 新世帯像6分類の世帯数推移予測
5. 新世帯像6分類の特徴
6. 新世帯像6分類から想定されるニーズ性向
7. 世帯像分類とニーズ性向のマトリクス分析
8. 各ニーズ性向とデジタル家電・通信による具体的提供形態・内容のイメージ
9. 戦略7テーマと提供付加価値のクロスマトリクス
10. .家庭向けデジタルサービスを構成する要素とユーザーニーズ性向の関係性
II. デジタル家電・通信市場の戦略分析
  <1>総括分析編
 
1. 本レポートで捉えるデジタル家電・通信市場の全体像
2. 本レポートで捉えるデジタル家電・通信市場の対象ハードウェア分類pdf
3. 本レポートにおける各テーマ市場の規模予測一覧
4. ビジネスモデルと競争優位
 
1) 戦略7テーマ別ビジネスモデルと各企業の競争優位比較
 
(1) デジタルテレビと映像モニター
(2) ホームサーバーとネット家電
(3) デジカメ・カメラ付携帯急成長の意味するものへ
(4) モバイル機器中核戦略の次期ステージ展開
(5) ゲーム機の将来像
(6) 固定電話の変容−RENAによりTV電話とIP電話への二極化へ
(7) 巨大潜在力秘めるICカード活用戦略
2) 戦略内容から見た7テーマ間の競合、相乗効果構造
3) デジタル家電のOSをめぐる競争構造とその方向性〜家電OSが各テーマに及ぼす影響とは
  <2>個別戦略編
 
1. デジタルテレビと映像モニターpdf
 
1) 本テーマ市場と構成ハードウェアの定義
2) 本テーマ市場の現状分析
 
(1) ビジネス構造
(2) ビジネスモデルと収益構造pdf
(3) ユーザー動向の変化潮流
(4) テレビからディスプレイへ−テレビの役割の変化
3) 本テーマ市場の方向性の全体像
 
(1) 市場の方向性
(2) デジタルテレビに向けた家電メーカーの戦略ベクトル−全体構造
(3) CRTから薄型/大画面へシフト
 
[1] 薄型テレビの大画面化/低価格化で見え始めた新たな競争構造
[2] 有望市場を巡るPDPと液晶テレビの戦い
[3] 次世代ディスプレイの登場のインパクト-「ポスト液晶」の本命といわれる有機ELは薄型テレビ市場を奪取できるのか
(4) 付加価値機能/サービス
 
[1] ネットワーク接続
[2] パッケージ接続
(5) 映像周辺機器
 
[1] VTRからDVD/HDDレコーダーへ
[2] ホームシアターブーム
(6) キーデバイス
 
[1] ディスプレイパネル
[2] デジタルテレビ高画質処理システム/システムLSI
4) 本テーマ市場における今後のKFS
 
(1) 地上波デジタル放送
(2) ネット家電/デジタルテレビの標準化
5) 2010年までの本テーマ市場全体の方向性分析
6) 本テーマ市場の拡大シナリオ分析
 
(1) シナリオ分析と想定シナリオ概要
(2) シナリオ毎の2010年時点での市場状況とシナリオ的中確率
7) 本テーマ市場の市場規模分析
8) 各社戦略のポジショニングマップ
 
(1) 主要プレイヤーの比較分析
(2) 各社戦略のポジショニングマップ
9) 個別企業戦略分析
 
(1) ソニー
(2) 松下電器産業
(3) 東芝
2. ホームサーバーとネット家電
 
1) 本テーマ市場と構成ハードウェアの定義
2) 本テーマ市場の現状分析
 
(1) 家庭の情報化市場を巡る過去と現在
(2) デジタル白物家電を中心に見た現状動向と今後の方向性
(3) ホームサーバー型PCを中心に見た現状動向と今後の方向性
(4) コネクテッドホームシステムとデジタル制御機器を中心に見た現状動向と今後の方向性
3) 本テーマ市場の方向性の全体像
 
(1) 市場の方向性の全体像
(2) 市場の方向性・普及の鍵を握る高齢者世帯
(3) 情報家電に対するニーズ分析
4) 2010年までの本テーマ市場の方向性分析
5) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) シナリオ分析と想定シナリオ概要
(2) シナリオ毎の2010年時点での市場状況とシナリオ的中確率
6) 本テーマ市場の市場規模分析
7) 各社戦略のポジショニングマップ
8) 個別企業戦略分析
 
(1) 松下グループ
(2) 東芝
(3) 日立製作所
3. デジカメ・カメラ付携帯 急成長の意味するもの
 
1) 本テーマ市場と構成ハードウェアの定義pdf
2) 本テーマ市場の現状分析
 
(1) 既存のビジネス構造と構造変化の方向性
(2) 市場への参入プレイヤー
(3) ユーザー動向の変化潮流
(4) ビジネスモデルと収益構造pdf
3) 本テーマ市場の方向性の全体像
4) 本テーマ市場における一次ハードウェアのすみ分け〜シナリオ考察の前提
5) 2010年までの本テーマ市場の方向性分析
6) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) シナリオ分析と想定シナリオ概要
(2) シナリオ毎の2010年時点での市場状況とシナリオ的中確率
7) 本テーマ市場の市場規模分析
8) 本テーマ市場における今後のKFS
9) 各社戦略のポジショニングマップ
 
(1) 主要プレイヤーの比較分析
(2) 各社戦略のポジショニングマップ
10) 個別企業戦略分析
 
(1) ソニー
(2) 松下電器産業
(3) キヤノン
(4) シャープ
4. モバイル機器中核戦略の次期ステージ展開
  ■モバイルによるTV視聴は何を変えるのかpdf
  ■本テーマ市場と構成ハードウェアの定義
  ■携帯電話
 
1) 本テーマ市場の現状分析
 
(1) ビジネスモデルと収益構造
(2) 市場概況
(3) 成長率鈍化と各プレイヤーの事業スタイルの変化
(4) 3Gへの移行ステージ
2) 本テーマ市場の方向性
 
(1) 携帯電話進化の方向性
(2) ディジタル放送とモバイル端末
(3) 携帯電話と決済サービスの概況
(4) モジュールビジネスの展開
3) 携帯電話へのユーザー動向
 
(1) 全体概況
(2) ユーザー動向推移の分析
4) 携帯電話の将来像
 
(1) 全体概況
(2) 携帯機器向け燃料電池の動向
(3) ナンバーポータビリティーの動向
(4) 移動体IP電話の可能性
5) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) シナリオ分析と想定シナリオ概要
(2) シナリオ毎の2010年時点での市場状況とシナリオ的中確率
6) 2010年までの本テーマ市場のシナリオパターン
7) 市場規模分析
8) 個別企業戦略分析
 
(1) NTTドコモ
(2) KDDI
(3) ボーダフォン
  ■PHS
 
1) 全体概況
2) PHS端末市場規模の実績と予測
  ■PDA
 
1) 全体概況
2) PDA端末市場規模の実績と予測
5. ゲーム機の将来像
 
1) 本テーマ市場と構成ハードウェアの定義
2) 本テーマ市場の現状分析
 
(1) 既存のビジネス構造と構造変化の方向性
(2) ゲーム機ユーザーの動向分析
(3) オンラインゲームユーザーの増加傾向
3) 本テーマ市場の方向性の全体像
4) 2010年までの本テーマ市場の方向性分析
5) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) シナリオ分析と想定シナリオ概要
(2) シナリオ毎の2010年時点での市場状況とシナリオ的中確率
6) 本テーマ市場の市場規模分析
7) 各社戦略のポジショニングマップ
8) 個別企業戦略分析
 
(1) ソニー・コンピュータエンタテインメント
(2) マイクロソフト
(3) 任天堂
6. 固定電話の変容−RENAによりTV電話とIP電話への二極化へ
 
1) 本テーマ市場と構成要素の定義pdf
2) 「RENA」の概要と、そこで実現する収益機会パターン
3) 「RENA」を中心とした本テーマ市場の方向性分析
4) IP電話・TV電話・固定電話市場別予測pdf
7. 巨大潜在力を秘めるICカード活用戦略
 
1) 本テーマ市場とその包含分野
2) 既存のビジネス構造と構造変化の方向性
3) 分野別ICカード製造販売予測
4) 本分野の全体構造−主要プレイヤーの相互関係図
5) 本市場の全体構造
6) ICカード市場の方向性の全体像
7) 2010年までの本ICカード市場の方向性分析
第2部 ITによる創出市場
 
I. ICカードの市場分析
 
1. 全体概況
 
1) 現状の概観
2) 分野別要点
3) 方向性と課題
2. 分野別分析
  <金融・決済>
 
1) クレジットカード
2) キャッシュカード
3) 電子マネー
  <流通>
 
4) 百貨店
5) GMSスーパー
6) CVS
7) ショッピングセンター
8) 量販店(家電、ディスカウンター)
9) 全国チェーン小売店(ドラッグストア)
10) 全国チェーン外食店(ファミレス、ファーストフード、コーヒー他)
  <運輸・交通>
 
11) 鉄道
12) 高速道路
  <サービス>
 
13) カーライフ
14) 自動販売機
15) サービスステーション
  <ID>
 
16) 社員証、ドアキー
17) 学生証
  <通信・放送>
 
18) デジタル放送
  <その他>
 
19) ゲーム・アミューズメント
20) ポイントカード
21) パチンコカード
22) 住民基本台帳
23) 健康保険証
24) パスポート
II. 携帯電話+ICカード(チップ)の市場分析
 
1. 全体概況
 
1) 全体構造
2) 2010年時点における主要分野対象使用額
2. 分野別分析
  <金融・決済>
 
1) クレジットカード
2) キャッシュカード
3) 電子マネー
  <流通>
 
4) 百貨店
5) GMSスーパー
6) CVS
7) ショッピングセンター
8) 量販店(家電、ディスカウンター)
9) 全国チェーン小売(ドラッグストア・AVレンタル・アパレル他)
10) 全国チェーン外食(ファミレス・ファーストフード・コーヒー他)
  <運輸・交通>
 
11) 鉄道・バス
12) 高速道路
  <サービス>
 
13) カーライフ
14) 自動販売機
15) サービスステーション
  <ID>
 
16) 社員証、ドアキー
17) 学生証
  <通信・放送>
 
18) デジタル放送
  <その他>
 
19) ゲーム・アミューズメント
20) ポイントカード
21) パチンコカード
22) チケット
23) 住民基本台帳カード(自治体行政カード)
24) 健康保険証
25) 免許証
26) パスポート
III. BtoCコマースの分析
 
1. BtoC全体
 
(1) 市場規模の実績と予測
(2) 分野別市場規模
(3) モバイルコマース
(4) 全体とモバイル
2. 家庭へのネットの浸透と団塊の世代
 
(1) コネクテッドホーム社会の到来と団塊の世代とEコマースの推移
2000年実績
(2) インターネットユーザー意識の変遷
(3) コネクテッドホーム社会の到来と団塊の世代とEコマースの推移
2005年予測
(4) コネクテッドホーム社会の到来と団塊の世代とEコマースの推移
2010年予測
(5) 検証・団塊の世代その1
(6) 検証・団塊の世代その2
   
スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか 総合編 スペース
スペース

スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか スペース
スペース

スペース
スペース 2011年版 「スマートシティ」構築ビジネスへの日本企業の進出戦略 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 日本型スマートエネルギー社会の近未来像 スペース
スペース

スペース
スペース 素材・部品の大型未来商品のサプライチェーン スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 「次の10年」の高成長市場と注目市場 07年版Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの家庭・生活者の変化潮流とデジタル家電・通信ビジネスの全体的将来像 スペース
スペース

スペース
スペース 2003年版最新ITインダストリーの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのWebサービスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース ブロードバンド環境下の「対企業ITビジネス」市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのプロードバンドビジネスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までの産業別変化予測 スペース
スペース

スペース
スペース 2001年版 ITソリューションの市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース エレクトロニックコマースの全体像
2002年 Vol.5
2002年 Vol.4
2002年 Vol.3
2002年 Vol.2
2002年 Vol.1
2001年 Vol.5
2001年 Vol.4
2001年 Vol.3
2001年 Vol.2
2001年 Vol.1
2000年 Vol.5
2000年 Vol.4
2000年 Vol.3
2000年 Vol.2
2000年 Vol.1
スペース
スペース

スペース
スペース 2000年の消費者をどう読むか スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの未来潮流予測
No.2
No.1
スペース
スペース

PR
スペース
スペース ■CD-ROM発売 !!■
 ご要望の多かったレポートのデータ CD-ROM発売を開始いたします。 貴社内での報告書作成時、より効率的 な有効レポートとして簡単にご利用頂 けるものです。 もちろん、従来通り書籍としてのご提供も継続して行います。

■Web会員募集 !!■
 様々な会員特典をご用意してお待ち しております。 もちろん無料でご利用頂けます。
スペース
スペース

スペース
仕切線
Copyrights; 2016 ADVANCED MANAGEMENT,INC. All rights reserved