ヘッダ・メニューメンバー登録CD-ROMレポート購入お問い合せ
新刊レポート | 定期発行物 | 既刊レポート | Home | English
特定商取引に関する法律に基づく表示
スペース
デジタル家電・通信ビジネスの全体像
Vol.2 市場分析編
書籍版 書籍版
100,000円
CD-ROM版(書籍含む) CD-ROM版
MFR会員  140,000円(書籍含む)
MFR非会員 170,000円(書籍含む)
       
□発刊 2004年8月10日刊
□体裁 A4判235ページ
スペース
スペース □ 発刊の趣旨
 『04年版デジタル家電・通信ビジネスの全体像』のVol.2「市場分析編」をお届けする。

 液晶TV、デジタルカメラ、DVDの新・3種の神器を始めとするデジタル家電商品群の絶好調は引き続いており、これらの市場の中での「勝ち組」と「やや劣勢組」に、グループ内の新たな線引きが始まろうとしている気配である。

 さてVol.2の本レポートでは、大好評をもって迎えられた昨年刊行の『2010年までの家庭・生活者の変化潮流とデジタル家電・通信ビジネスの全体的将来像』の問題意識を引き継ぎ、<デジタル家電・通信ビジネス>を8つのテーマ、戦略からとらえている。従って基本的な構えは一緒だが、新たにした点が4つある。

 第1は、向う10年間のIT・デジタル市場を牽引するのはワイヤレス技術との判断から、「ワイヤレス&モバイル市場制覇戦略」の冒頭に“ワイヤレス通信全体の今後の展開”を調査記述したこと。

 第2は、ブロードバンドとVoIPという形で家庭に本格的にIP網が浸透し始めたこと、更に固定・携帯一体型提供のFixed Mobile Convergenceの登場が現実化してきたことを背景の問題意識とし、「通信―固定電話とブロードバンドの変容」を、豊富な観点から記述したこと。当然その中には、今後の本分野に大きな影響をもたらすと考えられる<日本テレコム買収により、ソフトバンクは何をめざすのか>のテーマ分析も含まれている。そしてそれらの分析を踏まえ、このテーマの最後には、「IP電話・TV電話・固定電話・携帯電話」の4種別の2011年までの加入件数と金額の市場予測も行なった。このIP電話予測の前提として、もちろんADSL、FTTHなどのブロードバンド加入件数予測も行なっている。

 第3は、ようやく急成長し始めたかの感のある「ブロードバンドコンテンツ市場」の最新の状況データを加えたこと。

 第4は、昨年の中軸だった「デジタルTVと映像モニター」を、「リビングルーム市場制覇戦略」と問題意識と構えを新たにし、ページも大幅に増加させたこと。

 昨年と比較した時の変化、新たに大幅に増ページした箇所は、上記の通りである。また「ICカード・チップ市場」に今後大変化をもたらしそうな「携帯+ICチップ」と「交通系カード」の調査分析を加えたことはいうまでもない。

 われわれの予測では、ネットビジネスに意識が過剰に偏りすぎた4−5年前までのITインダストリーは、魅力あるホームエレクトロニクス製品が次々に登場、ユーザーの高い支持を得ていることと家庭へのIP網浸透が始まったことで、融合と発展の新たなステージに入ろうとしている。

 ではそうした環境変化の中で、<デジタル家電・通信ビジネス>の個別と全体の今後の姿やシナリオをどうとらえればよいのか。その回答がここにある。情報量豊富な<デジタル家電・通信ビジネス>全体の定点分析資料として、本レポートをお役立て頂ければ幸いである。
スペース
スペース

下図はクリックで拡大出来ます。
「本レポートで捉える<デジタル家電・通信ビジネス>の全体像」
本レポートで捉えるデジタル家電・通信の全体像
 
「<デジタル家電・通信ビジネス>の今後をどう捉えるか」
本レポートで捉えるデジタル家電・通信の全体像
 
 
pdf ←Web会員の方は、このマークが有る項目のPDFデータをご覧頂けます。
調査内容
―本レポートの内容―
第1部 <デジタル家電・通信ビジネス>の全体像
 
1. 本レポートの対象
2. .<デジタル家電・通信ビジネス>の今後をどう捉えるか
 
1) 8ジャンルの利用シーンの現在
2) 8ジャンルで今後起きること−シナリオ予測
3) 3つのキー・ジャンルの2011年の利用予想図
 
(1) リビングルーム
(2) 通信
(3) ワイヤレス&モバイル
4) 市場規模予測
 
(1) 8ジャンル別予測−国内
(2) 世界市場予測
 
[1] ハードウェア11品目
[2] 半導体
3. ビジネスモデルと競争優位
 
1) ワイヤレス&モバイル市場制覇戦略
2) 通信−固定とブロードバンドの変容市場制覇戦略
3) ブロードバンドコンテンツ市場制覇戦略
4) リビングルーム市場制覇戦略
5) キッチンルーム市場制覇戦略
6) キッズルーム市場制覇戦略
7) デジカメ・カメラ付き携帯市場制覇戦略
8) ICカード・チップ市場制覇戦略
4. <デジタル家電・通信ビジネス>戦略構築と読解への4つの視点
 
1) 8テーマ間の競争・相乗効果構造pdf
2) 家電OSを巡る構造
3) ワイヤレス技術を巡る構造
4) ブロードバンド映像サービスとTV電話を巡る構造
第2部 個別市場編
 
1. ワイヤレス&モバイル市場制覇戦略
 
1) ワイヤレス通信全体の今後の展開
 
(1) 全体構造図pdf
(2) 総務省による周波数の再編方針
(3) 電波開放戦略
(4) 現在の携帯電話ブラウザフォンサービスの状況
(5) 第4世代移動通信システム
(6) 第4世代移動通信システム実現のためのマイルストーン
(7) 第4世代移動通信システムの候補周波数帯
(8) 無線LANとUWBの動向
 
[1] 各種無線LANとUWBのポジショニングマトリックス
[2] 各種無線技術の概要と特徴
[3] 各種無線技術のジャンル別登場時期スケジュール予測
[4] どの用途でどんな技術が使われるか
[5] UWBと無線LANの強み、弱み比較
[6] 無線LANとUWBへの各社参入動向
2) 携帯電話
 
(1) 本テーマ市場の現状分析
 
[1] ビジネスモデルと収益構造pdf
[2] 3G市場の現況
 
イ.) 3Gへの移行ステージ
ロ.) ドコモとKDDIの3G加入者数推移
ハ.) ドコモ、KDDI過去1年間の純増数推移比較−3G
ニ.) ドコモ、KDDI過去1年間の純増数推移比較−携帯全体
[3] 3G空き帯域のTDDへの新規参入
 
イ.) 背景と構造
ロ.) 今後のスケジュールと展開シナリオ
[4] 定額パケット開始のインパクト
[5] 市場概況−市場成長率の鈍化
[6] 成長率鈍化と各プレイヤーの事業スタイルの変化
(2) 本テーマ市場の方向性
 
[1] 携帯電話進化の方向性
[2] 携帯電話と決済サービスの概況
[3] モジュールビジネスの展開
(3) 携帯電話へのユーザー動向
 
[1] パケット料金と通話料金の比較
[2] 1ヶ月あたりの支払いパケット料金
(4) 携帯電話の将来像
 
[1] 全体概況
[2] モバイルによるTV視聴のビジネスモデル
 
イ.) 収益構造−モバイルに放送を流すだけでは放送局もモバイルメディアも儲からないpdf
ロ.) 1セグ・モバイルサービスの展望
ハ.) 現状の動向とサービス開始に向けた課題
ニ.) 携帯電話向けデジタル放送から派生する新たなモバイルコンテンツ市場の可能性
[3] 携帯機器向け燃料電池の動向
[4] ナンバーポータビリティーの動向
[5] 移動体IP電話
PHS
 
(1) 全体概況
(2) PHS端末市場規模の実績と予測
PDA
 
(1) 全体概況
(2) PDA端末市場規模の実績と予測
(3) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
[1] シナリオ分析と想定シナリオ概要
[2] シナリオ毎の2011年時点での市場概況とシナリオ的中確率
[3] 2011年までの本テーマ市場のシナリオパターン
[4] 本テーマ市場の市場規模推移
2. 通信−固定とブロードバンドの変容市場制覇戦略
 
1) 本テーマ市場の現状分析
 
(1) 変貌する通信市場
(2) 固定電話の変容−光ネットワークによるIP電話へ
(3) 通信市場の収益構造
(4) 4ジャンルで今後何が起きるのか−予測シナリオ
(5) 主要プレイヤーのポジショニングマップ
(6) 4グループ他の垂直事業構造マップ
2) 日本テレコム買収により、ソフトバンクは何をめざすのか
 
(1) 連結業績推移
(2) ADSLとIP電話の加入件数推移
(3) 世界への投資事業とリターン
(4) ソフトバンク事業と日本テレコム事業との補完関係
(5) ソフトバンクは今後何をめざすのか−
  Fixed Mobile Convergenceの早期実現
(6) 電力会社(10社)、電力系通信事業者(11社)、NTTほかの保有光ファイバー総延長比較
3) IP電話
 
(1) 現状の全体構造図
(2) IP電話を巡る市場環境−課題と解決動向
(3) 現状のIP電話の連携構造
(4) IP電話の将来
4) ブロードバンドとFTTH
 
(1) 全体概況
 
[1] アクセス回線と事業者のポジショニングマップ
[2] ジャンル別の現況の特徴比較
(2) ADSL
 
[1] ADSLの位置づけ
[2] 進む高速化と課題
[3] 主要プレイヤーのポジションと戦略
(3) FTTH
 
[1] ネットワーク価値の本格浮上
[2] 主要プレイヤーの動向
[3] 各プレイヤー別特徴比較
(4) CATVインターネット
(5) 公衆無線LAN
(6) ADSL・FTTH・CATVインターネットの累積加入件数予測pdf
5) NTTのめざすもの
 
(1) 事業ロードマップ
(2) 「RENA」構想
(3) 「RENA」構想実現に向けた課題
6) 市場予測(IP電話・TV電話・固定電話・携帯電話別)pdf
3. ブロードバンドコンテンツ市場制覇戦略
 
1) 本テーマ市場の全体構造
2) 本テーマ市場の現状
 
(1) コンテンツ市場全体における当該市場のポジショニングと現時点でのマーケットサイズ
(2) 本テーマの収益構造
(3) ブロードバンドコンテンツの利用状況
(4) 分野別動向−各分野のユーザーニーズと市場の現況
 
[1] 映像
[2] 音楽
[3] ゲーム
3) 本テーマ市場の将来像
 
(1) iチューンズの快進撃が意味するもの
(2) IP放送+VODサービスの登場が映像コンテンツ市場に与えるインパクト
(3) オンラインゲーム市場拡大へ向けた取組み/方向性
4) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2011年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
4. リビングルーム市場制覇戦略
 
1) 本テーマ市場と構成ハードウェアの定義
2) 本テーマ市場の現状
 
(1) マーケットシェア
(2) 主要プレイヤーのポジショニングマップ
(3) 本テーマの収益構造
(4) 主要製品ラインナップ
 
[1] 薄型テレビ
 
イ.) プラズマテレビ
ロ.) 液晶テレビ
[2] DVDレコーダー
[3] ホームサーバ端末
(5) 構成ハードの主要企業生産動向
 
[1] 薄型テレビ
 
イ.) 松下電器産業
ロ.) ソニー
ハ.) シャープ
[2] DVDレコーダー/プレーヤー
 
イ.) 松下電器産業
ロ.) ソニー
ハ.) 東芝
(6) 消費者ニーズの現状
 
[1] 薄型テレビ
[2] DVDレコーダー
[3] ホームサーバ端末
3) 本テーマ市場の将来像
 
(1) 本テーマ市場を決定付けるキーファクター
 
[1] CRTリプレース市場
 
イ.) 主戦場を巡る液晶VSプラズマテレビの覇権争いpdf
ロ.) 次世代パネル工場の稼動と異業種プレイヤーの参入が意味するもの
ハ.) 次世代ディスプレイテレビの登場が当該市場へ与えるインパクト
ニ.) 薄型化/高画質化するリアプロジェクションテレビ
[2] VTRリプレース市場
 
イ.) 3時代の終焉
ロ.) DVDレコーダーの方向性−急成長を遂げるDVDレコーダーに死角はないのか
ハ.) 次世代DVD規格での争いと移行シナリオ
[3] ホームサーバ市場−
  ホームサーバとしてのポジションニングを狙う各ハードウェアの方向性
 
イ.) HDDレコーダー
ロ.) ゲーム機
ハ.) PC
[4] デジタル家電向けネットワークコンテンツサービス
[5] ホームネットワーク−新たに浮上した有線ネットワークの可能性
(2) 消費者ニーズの変化
 
[1] CRTリプレース市場
[2] VTRリプレース市場
[3] ホームサーバ市場
(3) 収益構造の変化
(4) 本テーマ市場の方向性
4) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2011年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
5. キッチンルーム市場制覇戦略
 
1) 本テーマ市場の全体構造
2) 本テーマ市場の現状
 
(1) 規格連携体制図
(2) 各社のサービス内容
 
[1] 松下グループ
[2] 東芝
[3] 日立製作所
(3) オール電化住宅・コネクテッドホームシステム
(4) 消費者ニーズの現状
 
[1] 情報家電に対するニーズ分析
[2] ネット家電導入の課題
3) 本テーマ市場の将来像
 
(1) 製品別に見た本テーマ市場の方向性
 
[1] デジタル白物家電を中心に見た現状動向と今後の方向性
[2] ホームサーバ型PCを中心に見た現状動向と今後の方向性
[3] コネクテッドホームシステムとデジタル制御機器を中心に見た現状動向と今後の方向性
(2) 市場の方向性の全体像
4) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2011年時点での市場状況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
6. キッズルーム市場制覇戦略
 
1) 本テーマ市場の全体構造
2) 本テーマ市場の現状
 
(1) 主要プレイヤーのポジショニング
 
[1] SCEI
[2] マイクロソフト
[3] 任天堂
[4] オンラインゲーム対応ゲームパブリッシャー
(2) 本テーマ市場の収益構造
(3) 主要製品のラインナップ
(4) 構成ハードの販売動向
(5) 消費者ニーズの現状
 
[1] ゲーム顧客の分類
[2] ゲームユーザーの現状
3) 本テーマ市場の将来像
 
(1) 本テーマ市場における注目トピック
 
[1] 携帯型ゲーム機でのSCEIと任天堂の対決
[2] 据置型次世代機の方向性
[3] SCEI次世代機搭載予定のMPU「CELL」が意味するもの
[4] マイクロソフト次世代機でCPU、GPUメーカー変更の意味するもの
[5] 携帯機で強みの任天堂の次世代機戦略は?
(2) 消費者のニーズ変化
(3) 収益構造の変化
(4) 市場構造の変化
4) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場の3つの想定シナリオ
(2) シナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2011年時点での市場状況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
7. デジカメ・カメラ付き携帯市場制覇戦略
 
1) 本テーマと構成ハードウェアの定義
2) ビジネスモデルと収益構造
3) 本テーマ市場の方向性の全体像
4) 主要プレイヤーの動向
 
(1) 主要デジタルメーカーの国内外生産立地戦略
−国内普及率50%超で、04/6の出荷台数は前年割れに
(2) 主要プレイヤーの比較分析
(3) 主要製品ラインアップ
5) プライベートコンテンツ機器の使われ方
 
(1) ユーザーニーズの実情
(2) 前提としての<写真>の意味の変化潮流
(3) 本テーマ市場における各ハードウェアのすみ分け〜シナリオ考察の前提
6) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2011年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
7) 本テーマ市場の将来像〜本テーマにおける注目トピックから
8. ICカード・チップ市場制覇戦略
 
1) 本テーマ市場の全体構造
2) 先行注目3テーマ市場ごとの浮き彫り
 
(1) 相互関係図
(2) 各テーマの相互関係
 
[1] 携帯電話+ICチップ
 
イ.) 相互関係図
ロ.) ICチップ搭載携帯電話に関するアンケート結果
ハ.) 収益構造(NTTドコモのiモードFeliCaサ−ビスの場合)
[2] 交通系の方向性
[3] 金融・決済系の方向性
3) 各論分析−各分野の展開、現況、今後
 
(1) 金融・決済系
 
[1] これまでの動向
[2] 現況
[3] 今後
(2) 交通系
 
[1] これまでの動向
[2] 現況
[3] 今後
(3) 公共分野系
 
[1] これまでの動向
[2] 現況
[3] 今後
(4) ID系
 
[1] これまでの動向
[2] 現況
[3] 今後
(5) その他
 
[1] これまでの動向
[2] 現況
[3] 今後
4) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場の3つの想定シナリオ
(2) シナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2011年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
(5) ソニーのICチップ関連事業売上予測
(「Edy」の手数料収入と「モバイルFeliCa」のICチップ収入予測)
   
   
スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか 総合編 スペース
スペース

スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか スペース
スペース

スペース
スペース 2011年版 「スマートシティ」構築ビジネスへの日本企業の進出戦略 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 日本型スマートエネルギー社会の近未来像 スペース
スペース

スペース
スペース 素材・部品の大型未来商品のサプライチェーン スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 「次の10年」の高成長市場と注目市場 07年版Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの家庭・生活者の変化潮流とデジタル家電・通信ビジネスの全体的将来像 スペース
スペース

スペース
スペース 2003年版最新ITインダストリーの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのWebサービスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース ブロードバンド環境下の「対企業ITビジネス」市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのプロードバンドビジネスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までの産業別変化予測 スペース
スペース

スペース
スペース 2001年版 ITソリューションの市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース エレクトロニックコマースの全体像
2002年 Vol.5
2002年 Vol.4
2002年 Vol.3
2002年 Vol.2
2002年 Vol.1
2001年 Vol.5
2001年 Vol.4
2001年 Vol.3
2001年 Vol.2
2001年 Vol.1
2000年 Vol.5
2000年 Vol.4
2000年 Vol.3
2000年 Vol.2
2000年 Vol.1
スペース
スペース

スペース
スペース 2000年の消費者をどう読むか スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの未来潮流予測
No.2
No.1
スペース
スペース

PR
スペース
スペース ■CD-ROM発売 !!■
 ご要望の多かったレポートのデータ CD-ROM発売を開始いたします。 貴社内での報告書作成時、より効率的 な有効レポートとして簡単にご利用頂 けるものです。 もちろん、従来通り書籍としてのご提供も継続して行います。

■Web会員募集 !!■
 様々な会員特典をご用意してお待ち しております。 もちろん無料でご利用頂けます。
スペース
スペース

スペース
仕切線
Copyrights; 2016 ADVANCED MANAGEMENT,INC. All rights reserved