ヘッダ・メニューメンバー登録CD-ROMレポート購入お問い合せ
新刊レポート | 定期発行物 | 既刊レポート | Home | English
特定商取引に関する法律に基づく表示
スペース
デジタル家電・通信ビジネスの全体像
Vol.2 市場分析編
書籍版 書籍版
100,000円
CD-ROM版(書籍含む) CD-ROM版
MFR会員  140,000円(書籍含む)
MFR非会員 170,000円(書籍含む)
       
□発刊 2006年6月6日刊
□体裁 A4判214ページ
スペース
スペース □ 発刊の趣旨
 1年か2年に一度は業界と世間をアッといわせることを仕出かしてくれるソフトバンクが、またまたやってくれた。ボーダフォン日本法人の買収と、アップルとの提携によるiPod搭載携帯電話の実現である(後のほうは6月2日現在でなお交渉継続中ではあるが)。

 問題の性格こそ異なるものの、この2つはともに超努級クラスの衝撃ニュースといってよい。なぜか。まず第1の問題は、昨年新周波数の承認を受け、他2社とともに晴れて宿願の携帯電話事業者への新規参入を果たした同社が、この買収により、一気に1500万の加入者を持つ“携帯既存事業者3強“の一角を占めることになるからである。第2は、同社が、先行2強既存事業者と新規2事業者との携帯ビジネスの差別化に、過去数年の世界コンシューマーデジタル市場での最大級のヒット商品であるiPodを引っ張ってきたという着眼からである。また第2点目は、独自アイデアの仕組みで音楽配信の世界市場をたちどころに席巻し、向かうところ敵なしに見えるそのアップルでさえ、携帯電話加入が9千万を超え、第3世代でも4800万という他に例を見ない“携帯大国”の日本では、単独展開のみでの今後の勝算に、やや危惧を感じたということが示唆する意味も見逃すべきではない。

 上記は過去半年ほどの最大のビッグニュースかと思われるが、ではそれらも含み、本06年全体、あるいは向こう1年ほどのこの「デジタル家電・通信ビジネス」市場でのポイントを、どう見ればよいだろうか。

 まずもっとも注視すべきなのは、上記のソフトバンクや、KDDIとグーグル提携などの携帯電話業界での新たな動きが、モバイル市場全体の構造変化のトリガーになるか、という点であろう。過去10年、わが国IT市場を力強く牽引してきた携帯電話ビジネスだが、その急速高成長を前提に緻密に構築されたビジネスモデルが、高コスト垂直構造を固定化し、現在は逆に新ビジネスを生む障害になってしまっているというのは、すでに知る人ぞ知る当該ビジネスの深刻な問題点である。上記の動きがそれを崩す突破口の役割を果たせれば、8兆円に上る巨大なわが国モバイルビジネスは、また新たな内容で成長軌道を描き始めるかも知れない。

 上記を初めに指摘したのには、もう1つの別の理由もある。それは携帯電話がその一角を担う通信ビジネス全体に、われわれがこの数年、到来時の大きな影響を指摘し続けている“FMC”がいよいよ始まる気運が、企業戦略、技術背景の両面から出てきたからである。KDDIが東電の光ファイバーを手中に収め、ADSLブロードバンドと固定通信を持つソフトバンクが突然“携帯3強”の一角となったことは、FMC早期登場必至の具体的ドライビングフォースとなろう。

 ここで詳述はできないが、上記諸点に、無料動画配信モデルで急成長を現に続けているGyaO、純増を継続し完全に成長軌道に乗ったと見られる光アクセス、上りBB利用で威力を発揮するのが間違いない各種映像携帯機器、等の注目すべき最近現象を総合的に考えると、わが国デジタル家電・通信市場は、相互依存と、それを念頭に“仕組み”を構築することが成功の蓋然性を高める性格を、ますます強めているように思われる。それはあたかも、心臓という動力源と脳というソフト源の2つの中枢を持ち、血管系と神経系の2種の通信媒体の回路で全身の活力を維持し続ける人体を思わせる。この全身人体モデルのデジタル市場にさらにダイナミズムを与えるエンドルフィンは、今どこにひそんでいるのか。

 本レポートが、そのアイデアの一助となることを願ってやまない。
スペース
スペース

下図はクリックで拡大出来ます。
「本レポートの対象」
本レポートの対象
 
 
調査内容
―本レポートの内容―
第1部 <デジタル家電・通信ビジネス>の全体像
 
1. 本レポートの対象
2. <デジタル家電・通信ビジネス>の今後をどう捉えるか
 
1) 9ジャンルの利用シーンの現在
2) 9ジャンルで今後起きること−シナリオ予測
3) 4つのキー・ジャンルの2013年の利用予想図
 
(1) モバイル環境下での音楽/映像コンテンツ視聴
(2) リビングルームpdf
(3) 通信pdf
(4) ワイヤレス&モバイル
4) 市場規模予測
 
(1) 9ジャンル別予測−国内
(2) 世界市場予測(ハードウェア11品目)
3. ビジネスモデルと競争優位
 
1) ワイヤレス&モバイル市場制覇戦略
2) 通信-次世代市場制覇戦略
3) ブロードバンドコンテンツ市場制覇戦略
4) 携帯音楽/映像プレーヤー市場制覇戦略
5) リビングルーム市場制覇戦略
6) セキュリティ・ネット家電市場制覇戦略
7) キッズルーム市場制覇戦略
8) デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ市場制覇戦略
9) ICカード・チップ市場制覇戦略
4. <デジタル家電・通信ビジネス>戦略構築と読解への7つの視点
 
1) 9テーマ間の競争・相乗効果構造
2) 急速に変貌する携帯電話市場とその意味するもの
3) ボーダフォンを手中にしたソフトバンクは強くなるのか弱くなるのか
4) 無料映像配信サービスのポテンシャルと方向性
5) 急速にシフトするハイビジョン録画/再生機市場
6) PS3はPS2を超えるインパクトを持つのか
7) セブン&アイの共通端末導入は電子マネーの市場を変えるのか
第2部 個別市場編
 
1. ワイヤレス&モバイル市場制覇戦略
 
1) ワイヤレス通信の展開
 
(1) ワイヤレス通信全体構造pdf
(2) ワイヤレス/移動体アクセス競合関係図
(3) ワイヤレス/移動体通信の移動性
(4) 各種無線技術登場スケジュール
(5) ワイヤレス技術一覧
(6) ワイヤレス技術一覧その2
(7) 進む周波数再編
(8) 焦点は2.5GHz帯周波数割当てに
(9) ワイヤレス通信技術の利用図
2) 携帯電話と競合するワイヤレス通信サービス
 
(1) WiMAX
(2) IEEE802.20
3) 携帯電話市場
 
(1) ビジネスモデルと収益構造
(2) 市場概況
(3) 純増数推移と3G普及率
4) 携帯電話市場の変動要因
 
(1) 新規参入
 
[1] ソフトバンクはボーダフォン日本法人買収へ
[2] イー・モバイル
[3] アイピーモバイル
(2) ナンバーポータビリティ
(3) ナンバーポータビリティ実施に向けた各社の囲い込み戦略
(4) コンテンツはPCとの連携サービスへ
(5) MVNO
(6) おサイフケータイ
(7) ワンセグ
5) 端末メーカーの競争と今後
6) 4Gへの移行とその後
7) PHS
 
(1) 全体概要
(2) ウィルコムの現状
(3) ウィルコムの課題
(4) PHS端末市場規模の実績と予測
8) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
2. 通信−NGNを見据えた次世代市場制覇戦略
 
1) 日米通信大再編
進むFMC
 
(1) 海外
(2) 国内
(3) FMCを見据えたネットワークの整備
2) 拡大続くFTTH
3) 新規事業者参入で通信市場は混沌へ
 
(1) 携帯電話新規参入事業者の戦略
(2) MVNOの登場
(3) ウィルコム「W‐ZERO3」に見るモバイルの新潮流
4) 国・総務省の動向
 
(1) 竹中懇談会の発足とその思惑
(2) 次なる通信市場を見据えた各施策
5) NTTが変わる
 
(1) 本年以降の事業体制
(2) FMCへの取組み
(3) 光アクセス3,000万と次世代ネットワーク
6) 光アクセスを手に入れるKDDIの狙い
 
(1) 本格的“対NTT”を示唆する提携戦略
(2) 同社の中長期的FMC戦略
(3) FMC戦略の一環としての金融サービス
7) ソフトバンクによるボーダフォン買収について
 
(1) 携帯事業新規参入とボーダフォン買収による変化点
(2) 同社携帯電話事業における今後の課題
(3) ソフトバンクが思い描くFMCのビジネスモデル
8) USENの野望
 
(1) 「GyaO」を取りまく環境
(2) ライブドアに近づく同社の狙い
9) CATVはどこへ行くのか
 
(1) CATV市場・業界の現状
(2) ジュピターテレコムの戦略
(3) CATVは生き残れるか
10) 電力系事業者の今後
 
(1) 東京電力、事実上の通信事業からの撤退
(2) 電力系事業者の主役となるケイ・オプティコム
(3) 電力連合の可能性
11) Skypeのその後
12) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
13) 市場規模(インターネット接続、ブロードバンド、電話)
 
(1) 市場規模の実績と推移予測(数表)
(2) 市場規模の実績と推移予測(グラフ)
3. ブロードバンドコンテンツ市場制覇戦略
 
1) 全体構造
2) コンテンツ市場のマーケットサイズ
3) 音楽分野
 
(1) 音楽パッケージコンテンツ市場の現状
(2) 音楽配信サービスへのニーズ
(3) 音楽配信サービスの現段階
(4) 音楽配信サービス一覧
(5) 有料音楽配信サービスの今後
4) 映像分野
 
(1) IP/地デジ再送信開始のインパクト
(2) 映像配信サービスへのニーズ
(3) 躍進する無料映像配信サービス
(4) 映像配信市場の方向性
5) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
4. 携帯音楽/映像プレーヤー市場制覇戦略
 
1) 市場構造
2) ユーザーニーズ
 
(1) 携帯音楽プレーヤーの利用状況と意向
(2) 映像へのニーズ
3) 携帯音楽プレーヤー市場
 
(1) 市場の現況
(2) iPodに死角はないのか?
(3) 映像を取り込む携帯音楽プレーヤー
(4) 携帯音楽プレーヤーと国内音楽配信サービスの関係
4) メディアプレーヤー化する携帯ゲーム機
 
(1) 本テーマ市場におけるPSPとニンテンドーDSの争い
(2) メディアプレーヤー化を加速させるPortableTV
5) 携帯映像プレーヤーの商品ラインアップ
6) 今後の方向性
7) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
5. リビングルーム市場制覇戦略
 
1) 本テーマ市場の全体像
2) 本テーマ市場の現状
 
(1) 主要プレーヤーのポジショニング
(2) マーケットシェア
(3) 本テーマ市場のビジネスモデル
3) 薄型テレビ市場の争いの行方
 
(1) 市場構造
(2) 薄型テレビ市場で復活するソニー
(3) 薄型パネル生産への投資合戦と業界再編
(4) SEDは果たして薄型テレビ市場で巻き返しを図れるか
(5) リアプロジェクションテレビの動向
(6) デジタルテレビ向け共同ポータルサイトの構築
(7) サービスプラットフォーム化するデジタルテレビ
(8) ユーザーニーズ
 
[1] 販売実績から見たディスプレイと画面サイズ、デジタルテレビへのニーズ
[2] 今後のユーザーニーズ
4) ハイビジョン市場へシフトするDVDレコーダー/プレーヤー
 
(1) 市場の現状
(2) ユーザーニーズ
(3) 次世代DVD規格の対立構造
(4) 標準化から製品化へシフトする次世代DVD市場
(5) 今後の方向性
5) ホームサーバ市場を巡る戦い
 
(1) 市場構造
(2) DVDレコーダーの方向性
(3) PCの方向性
(4) リビングルームの中核の座を狙うIP‐STB
(5) IP再送信の開始が本テーマ市場に与える影響
(6) ホームネットワーク市場における標準化/家庭内ネットワーク動向
(7) ホームサーバ/ホームネットワーク市場の課題
6) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
6. セキュリティ・ネット家電市場制覇戦略
 
1) セキュリティ市場の最新動向
 
(1) サービスの構造と分類
(2) 注目を浴びる「見守り系」サービス
(3) 消費者の防犯意識の高まりとニーズ
(4) ケーススタディ
 
[1] 象印マホービン「みまもりほっとライン」
[2] 子供向け携帯電話・PHS
[3] 綜合警備保障「おしらせネット」
2) 白物家電市場について
 
(1) 白物ネット家電の現状とプレイヤー構成
(2) 普及へ向けた取組み〜東芝「FEMINITY」のケーススタディ
(3) 白物家電の二極化
3) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
7. キッズルーム市場制覇戦略
 
1) 市場構造と今後の変革要素
2) 主要製品のラインナップ
3) 次世代ゲーム機の登場
 
(1) 現行機から次世代ゲーム機の争いへ
(2) 次世代ゲーム機は普及するのか
4) プラットフォームメーカーの現状と戦略
 
(1) ソニー・コンピュータエンタテインメント
(2) マイクロソフト
(3) 任天堂
5) 携帯ゲーム機の現状と今後
6) その他注目トピックス
7) オンラインゲーム/モバイルゲームのユーザー動向
8) 市場規模推移予測とシェア
 
(1) ハード(据置型/携帯型)
(2) ソフト(パッケージ/オンライン/モバイルゲーム)
9) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
8. デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ市場制覇戦略
 
1) 市場の全体構造
2) プレイヤーの主要製品ラインアップ
3) デジタルカメラ市場の現況
 
(1) 成熟する市場
(2) プレイヤーの変化〜価値組み、負け組みの差が鮮明に
4) デジタル一眼レフを巡る争い−国内市場
5) 競争優位の鍵となるデバイス−CCDとCMOS
6) デジタルビデオカメラ市場の現況と今後
 
(1) 市場規模及びシェア
(2) 「脱・テープ」の流れ〜DVD、HDD式の台頭
(3) ソニー「HDR‐HC1/HC3」のヒットが示唆するもの
7) 付加価値市場(デジタルフォトプリンティング)の現状
8) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
9. ICカード・チップ市場制覇戦略
 
1) 本テーマ市場の全体構造
2) 先行テーマの注目ポイント
 
(1) 「おサイフケータイ」
 
[1] 決済サービス関係図
[2] 収益構造(NTTドコモの場合)
(2) 金融・決済サービスの動向
 
[1] クレジットサービスの動向
[2] ケータイクレジットの利用意向
[3] おサイフケータイの課題はセキュリティ
[4] 決済サービス提携関係図
[5] 金融・決済分野の方向性
(3) 交通分野の動向
 
[1] 公共交通の方向性
[2] タクシー及びその他交通分野
(4) ID分野の動向と方向性
(5) 公共分野の動向と方向性
(6) その他公共分野及び通信分野の動向と方向性
3) 本テーマ市場のシナリオ分析
 
(1) 本テーマ市場全体の方向性分析
(2) 本テーマ市場のシナリオ分析と想定シナリオ概要
(3) シナリオ毎の2013年時点での市場概況とシナリオ的中確率
(4) 本テーマ市場の市場規模推移
   
スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか 総合編 スペース
スペース

スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか スペース
スペース

スペース
スペース 2011年版 「スマートシティ」構築ビジネスへの日本企業の進出戦略 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 日本型スマートエネルギー社会の近未来像 スペース
スペース

スペース
スペース 素材・部品の大型未来商品のサプライチェーン スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 「次の10年」の高成長市場と注目市場 07年版Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの家庭・生活者の変化潮流とデジタル家電・通信ビジネスの全体的将来像 スペース
スペース

スペース
スペース 2003年版最新ITインダストリーの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのWebサービスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース ブロードバンド環境下の「対企業ITビジネス」市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのプロードバンドビジネスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までの産業別変化予測 スペース
スペース

スペース
スペース 2001年版 ITソリューションの市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース エレクトロニックコマースの全体像
2002年 Vol.5
2002年 Vol.4
2002年 Vol.3
2002年 Vol.2
2002年 Vol.1
2001年 Vol.5
2001年 Vol.4
2001年 Vol.3
2001年 Vol.2
2001年 Vol.1
2000年 Vol.5
2000年 Vol.4
2000年 Vol.3
2000年 Vol.2
2000年 Vol.1
スペース
スペース

スペース
スペース 2000年の消費者をどう読むか スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの未来潮流予測
No.2
No.1
スペース
スペース

PR
スペース
スペース ■CD-ROM発売 !!■
 ご要望の多かったレポートのデータ CD-ROM発売を開始いたします。 貴社内での報告書作成時、より効率的 な有効レポートとして簡単にご利用頂 けるものです。 もちろん、従来通り書籍としてのご提供も継続して行います。

■Web会員募集 !!■
 様々な会員特典をご用意してお待ち しております。 もちろん無料でご利用頂けます。
スペース
スペース

スペース
仕切線
Copyrights; 2016 ADVANCED MANAGEMENT,INC. All rights reserved