ヘッダ・メニューメンバー登録CD-ROMレポート購入お問い合せ
新刊レポート | 定期発行物 | 既刊レポート | Home | English
特定商取引に関する法律に基づく表示
スペース
2000年の消費者をどう読むか
デジタルネットワーク時代を迎える消費600名のライフスタイルと情報メディア行動の詳細実態調査
あなたは眼前にいる消費者の核心の像を把握していますか?
定点観測調査第1弾!
書籍版 書籍版
100,000円
 
□発刊 1999年11月26日

スペース
スペース
  1.  メディアの世界が大きく変化しています。インターネットユーザーが1500万人を突破し、携帯・PHS加入は5000万人に達しました。また既に1300万ユーザーを持つBSでは来2000年からデジタル放送が始まります。注目すべきは、この3つの新巨大メディアが1千万超メディアに急成長したのは、全て過去5年以内のことだという点です。
  2.  一方、消費者の間にも大きな変化が訪れています。それはライフスタイルと価値観の多様化で、多くの生活者が自分自身の“クォリティ・オブ・ライフ”の探索と実現を生活の最大関心事にするようになりました。“消費者主権の時代”である21世紀にかけて、この潮流が世の中全体を覆ってゆくのは間違いありません。
  3.  本年が第一回目であるわたしたちの消費者定点観測では、上記の2つの大きな変化に注目しました。この2つの変化の波に現に洗われている眼前の日本の消費者は、すでに80年代までの消費者ではありません。したがってその変化が消費者の生活にもたらしているものを正確に把握することは、どんなビジネスにも必須の大前提になります。
スペース
スペース

→【目次はこちらに掲載しています】
pdf ←Web会員の方は、このマークが有る項目のPDFデータをご覧頂けます。
調査内容
生活者と価値観
(24の質問項目結果からクラスター分析します)
メディア接触時間と消費額
1. テレビ(BS、CATVを含む)
  2.   ビデオ
  3.   インターネット
  4.   テレビゲーム
  5.   携帯電話・PHS
  6.   音楽(CD、MD、FM放送等)
  7.   コミック
  8.   雑誌
  9.  
  10.   新聞
情報機器保有(22種)と購買行動
1. 通常画面テレビ
  2.   ワイドテレビ
  3.   ハイビジョンテレビ
  4.   VTR
  5.   32、64ビットTVゲーム機
  6.   128ビットTVゲーム機
  7.   DVDプレーヤー
  8.   携帯DVDプレーヤー
  9.   ビデオカメラ
  10.   デジタルビデオカメラ
  11.   ミニコンポ
  12.   CDラジカセ
  13.   携帯CDプレーヤー
  14.   CDラジMD
  15.   携帯MDプレーヤー
  16.   デスクトップパソコン
  17.   ノートパソコン
  18.   プリンター
  19.   携帯電話
  20.   PHS
  21.   携帯情報端末
  22.   一眼レフカメラ
(本項では保有品目/専用品目/保有台数/購入時期/購入チャネル/商品情報収集手段と媒体/商 品選択時の決定要因を調査します)
3大メディアについての詳細調査(プライベート用を対象)
■テレビ
  A テレビの視聴スタイル
    1. 平日と週末の視聴時間
      2. 各種放送加入の有無等
        ・BS
        ・CS
        ・CATV
      3. 放送種別のよく見るジャンル、好きなジャンル
      4. 地上波放送でよく見るチャンネル
      5. 上記の理由
      6. あなたの生活にとってのテレビの意味
      7. 現行テレビ放送への不満
  B   デジタル放送について
      1. デジタル放送への理解、認知度
      2. デジタル放送開始についての認知度
      3. チューナーについての理解、認知度
      4. BSデジタル放送の視聴意向
      5. チューナー購入希望価格帯
      6. 将来のデジタルテレビ放送の内容への要望
      7. 上記条件を満たすデジタルテレビの購入希望価格帯
  ■インターネット(プライベート用)
  A   インターネット利用の有無
  B   保有するパソコンについて
      1. 保有台数
      2. 購入時期
      3. メーカー、機種
      4. タイプ(デスクトップ/ノート型)
      5. 価格帯
  C   家庭でのインターネット利用状況
      1. 契約プロバイダー
      2. プロバイダー選択にあたっての理由
      3. サービス加入時期
      4. インターネットサービス加入の理由、動機
      5. 1回あたりの利用時間
      6. 1ヶ月のインターネットの通信料金
      7. よく利用するインターネットのメニュー
      8. よくアクセス、閲覧するジャンル
      9. インターネットショッピングの経験の有無
      10. 上記の経験者の利用回数
      11. インターネットショッピングの1回あたりの消費金額
      12. 利用しているモデムの伝送速度
      13. あなたの生活にとってのインターネットの意味
      14. インターネットを利用する上での不満、要望
      15. 仕事先、学校等でのインターネット利用環境
  D   インターネットを家庭で利用していない人対象の項目
      1. 家庭でのインターネット加入意向
      2. 加入希望の理由
      3. まだ加入していない理由
  ■ 携帯電話・PHSについて
  A   携帯電話・PHSの保有と選択について
      1. 携帯電話、PHS別保有の有無
      2. 契約会社、使用機種
      3. 電話会社を選択する上で重視する条件
      4. 機種、タイプを選択する上で重視する条件
      5. 契約している料金プラン
      6. 携帯・PHS電話機のメーカーとその選択理由
  B   携帯電話・PHSの通話状況
      1. 1日あたりの受発信回数よく通話する相手
      2. 主に話す会話の内容
      3. 主にかける時間帯
  C   携帯電話・PHSでのショートメールサービス利用状況
      1. 1日あたりの受発信回数
      2. メールをやり取りする相手
      3. 主にやり取りするメールの内容
      4. 送信する時間帯
  D   iモード利用者対象項目
      1. よく利用するサービス
      2. 利用しての感想
      3. 不満な点
      4. iモードに替えてから通信支出がどのくらい増えたか
  E   cdmaOne利用者対象項目
      1. cdmaOne選択の理由
      2. 利用しての感想
      3. cdmaOneに替えてから通信支出がどのくらい増えたか
  F   今後、携帯電話、PHSでどんなサービスを期待するか、または要望
  G   買い替えについて
      1. 機種変更の回数
      2. 変更の理由
      3. 以前使用していた事業者(事業者変更をした人のみ)
  H   あなたの生活にとっての携帯電話・PHSの意味
  I   あなたの生活にとっての携帯電話・PHSの意味
  J   通信料金の支払い者
      1. ビジネス用に支給されているか
      2. 上記で支給されている場合の料金支払い形態
  K   携帯電話・PHSを持っていない人対象項目
      1. 将来の携帯電話、PHSの保有意向
      2. 加入のための条件(通信料金/サービス/付加価値等)
生活上での関心事
1. 現在の生活で重視していること
  2.   上記を実現するための具体的行動
  3.   今後生活に取り入れたいこと
  4.   上記を実現するための具体的行動
  5.   現在、生活上で不安、心配になっていること
  6.   上記の不安への対策として具体的に行なっていること、今後行ないたいこと
  7.   現在の不安や心配なことに対しての世の中や企業、行政への希望、要望
回答者のプロフィール
1. 性別
  2.   年代
  3.   未既婚の別
  4.   職業
  5.   家族構成
  6.   世帯年収
  7.   一ヶ月の小遣い
  8.   住まいの形態
コンビニエンスストアと通信販売の利用状況
■コンビニエンスストア
  1. 1週間あたりの利用頻度
      2. 買い物1回あたりの消費額
      3. よく利用する買い物分野、サービス分野
      4. マルチメディアキヨスク端末の利用経験の有無
      5. マルチメディアキヨスク端末での1回の消費額
      6. マルチメディアキヨスク端末での購入商品、サービス
      7. 今後コンビニエンスストアにあったら便利だと思われるもの
  ■通信販売
      1. 通信販売利用の有無
      2. 通販利用回数
      3. 1回あたりの消費額
      4. よく利用する買い物分野
      5. よく利用する通信販売の媒体、方法
スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか 総合編 スペース
スペース

スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか スペース
スペース

スペース
スペース 2011年版 「スマートシティ」構築ビジネスへの日本企業の進出戦略 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 日本型スマートエネルギー社会の近未来像 スペース
スペース

スペース
スペース 素材・部品の大型未来商品のサプライチェーン スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 「次の10年」の高成長市場と注目市場 07年版Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの家庭・生活者の変化潮流とデジタル家電・通信ビジネスの全体的将来像 スペース
スペース

スペース
スペース 2003年版最新ITインダストリーの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのWebサービスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース ブロードバンド環境下の「対企業ITビジネス」市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのプロードバンドビジネスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までの産業別変化予測 スペース
スペース

スペース
スペース 2001年版 ITソリューションの市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース エレクトロニックコマースの全体像
2002年 Vol.5
2002年 Vol.4
2002年 Vol.3
2002年 Vol.2
2002年 Vol.1
2001年 Vol.5
2001年 Vol.4
2001年 Vol.3
2001年 Vol.2
2001年 Vol.1
2000年 Vol.5
2000年 Vol.4
2000年 Vol.3
2000年 Vol.2
2000年 Vol.1
スペース
スペース

スペース
スペース 2000年の消費者をどう読むか スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの未来潮流予測
No.2
No.1
スペース
スペース

PR
スペース
スペース ■CD-ROM発売 !!■
 ご要望の多かったレポートのデータ CD-ROM発売を開始いたします。 貴社内での報告書作成時、より効率的 な有効レポートとして簡単にご利用頂 けるものです。 もちろん、従来通り書籍としてのご提供も継続して行います。

■Web会員募集 !!■
 様々な会員特典をご用意してお待ち しております。 もちろん無料でご利用頂けます。
スペース
スペース

スペース
仕切線
Copyrights; 2016 ADVANCED MANAGEMENT,INC. All rights reserved