ヘッダ・メニューメンバー登録CD-ROMレポート購入お問い合せ
新刊レポート | 定期発行物 | 既刊レポート | Home | English
特定商取引に関する法律に基づく表示
スペース
エレクトロニックコマースの全体像2002年版Vol.1
Eマーケティング戦略の最前線
日米先進50社の事例分析
書籍版 書籍版
100,000円
CD-ROM版(書籍含む) CD-ROM版
MFR会員  120,000円(書籍含む)
MFR非会員 160,000円(書籍含む)
       
□発刊 2002年7月3日刊
スペース
スペース Eマーケティングが広範に拡がり始めている。

 扱う商品やサービスが何であるかを問わず、利益を出し続けることが企業存続、成長の最大要素である以上、利益の源泉である対市場、対顧客の行動体系であるマーケティング問題は、いつの世も企業の生命線に直接関わるテーマである。にもかかわらず、マーケティングは企業経営の中心に据えられるべき問題であるという認識が多くの企業の共通の前提になったのは、実はそれほど古いことではなく、日本では80年代に入ってからである。いうまでもなくその理由は、モノ余りにより消費者が自然状態では物品を欲しがらない時代になったためである。

 今述べた、マーケティング経営根幹論がマーケティングと経営の歴史における第1の大きな転回だったとすれば、それに続く第2の大きな転回潮流が今回のEマーケティングだということができる。
 マーケティングへのネットの導入、すなわちEマーケティングが、なぜそれほど大きな転回潮流なのか。

 新しい販売チャネルの拡大、時代の好みに合う“カッコいい”訴求など現象的な理由はいくつも挙げられるだろうが、本質的な回答は次のように考えるべきと思われる。それは消費者主権という21世紀の基調トレンドの中で、そのトレンドに最も効果的に応え、かつそのことによって企業の新しい価値創出につながるのはその方法しかないことが広く認識されてきたからだ、と。“どこでもだれでも”ネットにつながるユビキタスネットの登場やストレスの無いブロードバンドなどの環境が急速に整ってきたことは、明らかにそのEマーケティング王道論に拍車をかけている。注目すべきことは、多様な端末がネット接続可能でかつブロードバンドというEマーケティングにベストな環境を持っているのは、今全世界を見渡してみて、この日本より他にないという事実である。

 本レポートでとり上げたような多彩で興味深い試みの企業が日本に数多く存在しているのは、その意味で決して偶然ではない。
 BtoCは明らかにEマーケティングに変容し、発展している。ここにケーススタディーをお届けした日米50社の豊富な事例には、貴社にとってのヒントが数多く埋もれていると信じている。
スペース
スペース

下図はこちらで拡大出来ます。
本レポート対象の「Eマーケティング企業のポジショニングマップ」
(日本40社編)
ポジショニングマップ
 
pdf ←Web会員の方は、このマークが有る項目のPDFデータをご覧頂けます。
調査内容
―本レポートの内容―
第1部 日米Eマーケティング現段階の全体分析
 
1. 調査対象企業の分類
2. Eマーケティング企業のポジショニングマップ
 
1) 日本40社
2) 米国10社
3. 日米Eマーケティングの要素比較
4. 市場規模
 
1) 2001年分野別実績
2) 市場予測
5. 対象企業の特性一覧
6. キーイシューの分析―事例から見る現段階Eマーケティング特性とは
7. 分野別分析
 
1) 家電・PC
2) 自動車
3) 書籍
4) 衣料品
5) 玩具
6) 総合小売
7) オークション
8) コミュニティ
9) 金融
10) モバイルマーケティング
11) 旅行、ホテル、航空券予約
12) デジタルコンテンツ
第2部 50社のケーススタディ
 
<日本編>
1. アマゾンジャパン
2. ヤフー
3. 楽天
4. ソニースタイルドットコム(ソニーマーケティング)
5. プレイステーション・ドットコム・ジャパン
6. ソニーミュージックエンタティメント
7. ソニー銀行
8. 松下電器産業(ヘルスケアメディカル事業)
9. ソフマップ
10. ツタヤオンライン
11. ファーストリテイリング
12. 良品計画
13. トイザらス・ドットコム・ジャパン
14. プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インク(P&G)
15. 伊勢丹
16. 東急百貨店
17. ローソン
18. ファミリーマート
19. イオンビスティー
20. セシール
21. アサヒビール、カネボウ、全日空(Woman’s LABO)
22. マイトリップ・ネット
23. アルク
24. ジュピターショップ・チャンネル
25. トヨタ自動車
26. ニフティ
27. メディアファクトリー
28. サイバード
29. KDDI
30. エブリデイ・ドット・コム
31. アイベックス・アンド・リムズ
32. ヘルシーネット
33. エルクコーポレーション
34. スキル・ヴィジョン
35. イーライフ
36. ネットマイル
37. ギガビジョン
38. イー・マーケティング
39. 日本コカ・コーラ、NTTドコモ、伊藤忠商事(Cmode)
40. ホットスポット関連
<米国編>
41. Amazon.com
42. Yahoo!
43. eBay
44. AOL TimeWarner
45. Price line
46. Keen.com
47. Yodlee
48. Homestore.com
49. Burger King
50. Schlotzsky’s
   
スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか 総合編 スペース
スペース

スペース
スペース 東日本大震災と原発事故後の日本社会はどう変わるのか スペース
スペース

スペース
スペース 2011年版 「スマートシティ」構築ビジネスへの日本企業の進出戦略 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 先端テーマの競争優位分析シリーズ Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年版 日本型スマートエネルギー社会の近未来像 スペース
スペース

スペース
スペース 素材・部品の大型未来商品のサプライチェーン スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 「次の10年」の高成長市場と注目市場 07年版Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.3 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.2 スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 デジタル家電・通信ビジネスの全体像 Vol.1 スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの家庭・生活者の変化潮流とデジタル家電・通信ビジネスの全体的将来像 スペース
スペース

スペース
スペース 2003年版最新ITインダストリーの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのWebサービスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース ブロードバンド環境下の「対企業ITビジネス」市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までのプロードバンドビジネスの全体像 スペース
スペース

スペース
スペース 2005年までの産業別変化予測 スペース
スペース

スペース
スペース 2001年版 ITソリューションの市場分析 スペース
スペース

スペース
スペース エレクトロニックコマースの全体像
2002年 Vol.5
2002年 Vol.4
2002年 Vol.3
2002年 Vol.2
2002年 Vol.1
2001年 Vol.5
2001年 Vol.4
2001年 Vol.3
2001年 Vol.2
2001年 Vol.1
2000年 Vol.5
2000年 Vol.4
2000年 Vol.3
2000年 Vol.2
2000年 Vol.1
スペース
スペース

スペース
スペース 2000年の消費者をどう読むか スペース
スペース

スペース
スペース 2010年までの未来潮流予測
No.2
No.1
スペース
スペース

PR
スペース
スペース ■CD-ROM発売 !!■
 ご要望の多かったレポートのデータ CD-ROM発売を開始いたします。 貴社内での報告書作成時、より効率的 な有効レポートとして簡単にご利用頂 けるものです。 もちろん、従来通り書籍としてのご提供も継続して行います。

■Web会員募集 !!■
 様々な会員特典をご用意してお待ち しております。 もちろん無料でご利用頂けます。
スペース
スペース

スペース
仕切線
Copyrights; 2016 ADVANCED MANAGEMENT,INC. All rights reserved