ヘッダ・メニューメンバー登録CD-ROMレポート購入お問い合せ
新刊レポート | 定期発行物 | 既刊レポート  | Home | English
【Media Fusion Report】のコンセプト | バックナンバー | 特定商取引に関する法律に基づく表示
スペース
Media Fusion Report 84
クラウドコンピューティングと新プラットフォームビジネス
書籍版
年間購読費・100,000円(隔月刊、年6冊配付)
   
  CD-ROM版
年間購読費・110,000円(書籍含む CD-ROMはアニュアル号のみ会員に配布)
□発刊 2008年11月
スペース
スペース □ 発刊の趣旨
 本レポートの刊行が直前に迫った08年10月27日、米マイクロソフトが「Professional Developers Conference 2008」の基調講演にて、マイクロソフトのデータセンターからネットを介してITシステムを利用できるという新サービス「Windows Azure」を発表した。

 マイクロソフトは既に07年11月にインターネットベースのソフトウェア群「Windows Live」をリリースし、彼らの「ソフトウェア・プラス・サービス」戦略の具体像を示していたが、今回の「Windows Azure」ではユーザーが自前のインフラを持たずに済むという点で、本格的にクラウドコンピューティングへの参入を示したものと言うことができる。そしてこれは、Microsoft Officeに代表されるいわゆるオンプレミス・ソフトウェア(自社運用型ソフト)で、世界最大のソフト会社の地位を築いてきた同社にとって戦略的な大きな転換点になるとも言えるのである。

 このマイクロソフトの本格参入は、別の視点で見れば米国ネット企業の勢力争いの延長線にあると捉えられる。まず、既にオンラインストレージや仮想サーバーの提供をクラウドで行っている、アマゾン、セールスフォース・ドットコム等とは競合関係になる。そしてそのセールスフォースは08年6月にグーグルとの広範な事業提携を発表しており、この連携はクラウド市場においても非常に強力な存在となると目されている。また08年春にマイクロソフトとの買収交渉が不成立に終わったヤフーは、その後6月にネット広告事業でのグーグルとの提携を発表している。つまり、米国ネット企業の覇権争いがグーグルvsマイクロソフトの様相を呈しており、かつグーグル側に強力な味方が付くという、マイクロソフトにとっては苦しい立場に置かれつつある中でのクラウドコンピューティングへの参入ということになる。対抗策として、今後クラウド市場でいかに有力なパートナーを自陣営に引き込めるかが同社にとっての正念場となるだろう。

 一方、日本国内においては、まだクラウドコンピューティングという言葉そのものの馴染みは少ないが、その概念が包括するところのASP、SaaSといったサービスは既に富士通やNEC等のITベンダー、NTTグループやKDDI等の通信キャリアなどから提供されている。アプリケーションを自分達が構築した独自のプラットフォームを通してSaaS型で提供するという形が主流であり、各社サービス間に特徴面での大きな差は今のところ無い。ただ、クラウドコンピューティングが、過去の「eコマース」や「ブロードバンド」等と並ぶ、IT業界におけるメガトレンドであることは間違いなく、ITリソースを自分で持たなくてもよいというその考え方は、企業の情報システム部門の存在意義にも関わってくる。それはユーザー企業に情報システム一式を売ってきた、上記ITベンダー達の仕事を奪うということにつながりかねない。セキュリティの問題からも、ミッションクリティカルな基幹業務がクラウドにすぐさま置き換わることは考えづらいが、クラウドコンピューティングの普及は確実にその問題をユーザー、ベンダー双方に投げかけていくことになるだろう。
スペース
スペース

pdf ←Web会員の方は、このマークが有る項目のPDFデータをご覧頂けます。
目次
 
 
第1部 新プラットフォームビジネスの現状と見通し
1. 市場の全体構造
2. クラウドコンピューティングの概念
3. 主要プレイヤーのサービス(戦略)概要
4. 市場規模予測
5. 今後の見通し
第2部 主要プレイヤーのケーススタディ
1. グーグル
2. マイクロソフト
3. ヤフー
4. アマゾン
5. アップル
6. セールスフォース・ドットコム
7. NTTコミュニケーションズ
8. KDDI
9. ソフトバンクテレコム
10. NTTデータ
11. 日本電気
12. 富士通
13. 日立製作所
14. 日本ユニシス
スペース
スペース 2009年版 Media Fusion Report
No.86(2009/10)
スペース
スペース

スペース
スペース 2008年版 Media Fusion Report
No.85(2008/12)
No.84(2008/11)
No.83(2008/11)
No.82(2008/8)
No.81(2008/3)
No.80(2008/3)
スペース
スペース

スペース
スペース 2007年版 Media Fusion Report
No.79(2007/12)
No.78(2007/12)
No.77(2007/12)
No.76(2007/8)
No.75(2007/8)
No.74(2007/2)
スペース
スペース

スペース
スペース 2006年版 Media Fusion Report
No.73(2006/11/)
No.72(2006/10/)
No.71(2006/9/)
No.70(2006/9/)
No.69(2006/3/)
No.68(2006/2/)
スペース
スペース

スペース
スペース 2005年版 Media Fusion Report
No.67(2005/12/)
No.66(2005/11/)
No.65(2005/6/)
No.64(2005/4/)
No.63(2005/2/)
No.62(2005/1/)
スペース
スペース

スペース
スペース 2004年版 Media Fusion Report
No.61(2004/10/)
No.60(2004/8/)
No.59(2004/6/)
No.58(2004/4/)
No.57(2004/2/)
No.56(2004/1/)
スペース
スペース

スペース
スペース 2003年版 Media Fusion Report
No.55(2003/10/)
No.54(2003/8/)
No.53(2003/6/)
No.52(2003/4/)
No.51(2003/2/)
No.50(2003/1/)
スペース
スペース

スペース
スペース 2002年版 Media Fusion Report
No.49(2002/10/)
No.48(2002/8/)
No.47(2002/6/)
No.46(2002/4/)
No.45(2002/2/)
No.44(2002/1/)
スペース
スペース

スペース
スペース 2001年版 Media Fusion Report
No.40(2001/4/)
No.39(2001/2/)
スペース
スペース

スペース
スペース 2000年版 Media Fusion Report
No.38(2000/12/1)
スペース
スペース

PR
スペース
スペース ■CD-ROM発売 !!■
 ご要望の多かったレポートのデータ CD-ROM発売を開始いたします。 貴社内での報告書作成時、より効率的 な有効レポートとして簡単にご利用頂 けるものです。 もちろん、従来通り書籍としてのご提供も継続して行います。

■Web会員募集 !!■
 様々な会員特典をご用意してお待ち しております。 もちろん無料でご利用頂けます。
スペース
スペース

スペース
仕切線
Copyrights; 2016 ADVANCED MANAGEMENT,INC. All rights reserved